肥満遺伝子検査キットって信用できる?やってみた結果、遺伝子型ダイエットタイプは…

IMG_4748 (2)

 

24/7 ワークアウトに通って自分の体のことを隅々まで知りたくなった私。どうやったらもっと筋肉を増やせるか、どうしたら太らずにこのからだを維持できるか

 

何年か前に、お家で気軽に自分の太りやすさの傾向がわかる肥満遺伝子検査キットを試したことを思い出し、引っ張り出して再度確認してみることに!

 

この肥満遺伝子検査キットは、自分の遺伝子を調べることによって、自分の体質にあった効率の良いダイエットを知ることができるというもので、何を食べたら良いか?どんなことをしたら良いか?私にはどんなダイエットが向いているか?おすすめの成分は?などを遺伝子を検査をすることによって知ることが出来るのです!

 

FullSizeRender

 

【遺伝子とは…?】

 

そもそも遺伝子とは全ての生命が持つからだの設計図になります

 

私たち人間を含む全ての生物が持っていて、約2万2000個の遺伝子があると考えられています。この設計図を元に頭には髪の毛が、指には爪が、顔には目や鼻や口があるべき場所に作られます

 

このキットは、その中でも肥満に関わる約50種類ある遺伝子のうち、日本人の約97パーセントに変異があるということが研究で解明されているβ3AR遺伝子UCP1遺伝子β2AR遺伝子という3種類の肥満関連遺伝子を調べて、その組み合わせでどの遺伝子型ダイエットタイプ(リンゴ型、洋ナシ型、バナナ型、アダム・イヴ型)に当てはまるか教えてくれます

 

検査の仕方は、キットの中に入っている綿棒でお口の中の頬のところを軽くこすりつけて送るだけの簡単なもの

 

FullSizeRender 10

2〜3週間ぐらいで結果が届いたと思います。結果が…

 

β3AR遺伝子はワイルド(−)

(−)ということはこの遺伝子の影響は無いということ!この遺伝子がプラスだと、脂肪分解や熱産生がされにくくなり、脂肪が蓄積されやすくなります

 

UCP1遺伝子はヘテロ(+)

UCP1遺伝子はエネルギーを熱として放出する働きをしますが、(+)ということはその機能がやや弱く熱産生がうまくいかず比較的脂肪が燃焼されにくいとのこと。体型的には下半身に皮下脂肪が蓄積されやすい傾向にあり、脂質の摂取を控えることと書いてありました

 

当たりまくっている!!上半身には全然お肉がつかないのに、下半身ばかりお肉つきますもん!笑

 

β2AR遺伝子はヘテロ(+)

この遺伝子は、アドレナリンというホルモンの一種とβ2AR遺伝子が結合することで脂肪が分解されやすくなるそうで、(+)だと活発で比較的太りにくいんだそう*\(^o^)/*しかし、タンパク質が代謝されやすく筋力がつきにくいとのこと!涙

 

 

筋肉量が少ないと、ついた脂肪が落ちにくくなるからタンパク質の摂取比率を高めなきゃ>_<

 

この3つの遺伝子はUCP1>β3AR>β2ARの順に優先されるので、この結果だと脂質の摂取を控えることを一番に考えていかなきゃいけないということですね…生クリーム好きとしてはつらい結果

 

そしてこの結果を元にダイエットタイプがわけられます。私は洋ナシ型でした

 

洋ナシ型の特徴は脂質の代謝が苦手で太るときはお尻や太ももから。揚げ物やクリームが大好きでストレスがたまるとたくさん食べたくなるタイプだそうです

 

全部当たっていて怖い!!さすが遺伝子!!笑

 

他にも効果的な運動の仕方、食事、サプリメント情報なども記載されていました。なんでこんなにありがたい情報が掲載されているのに引き出しの中に眠らせていたんだ…涙

 

ちなみに、遺伝子は一生涯変わることが無いので検査は1度でOK!値段は6000円くらいとちょっと高額ですが、自分だけの痩せ方の説明書が手に入ると思ったら検査して損は無いと思います!

 




 

・将来ハゲる!?▶︎【AGAドック】男性型脱毛症・遺伝子検査キット

 

・女性の髪の不安に▶︎女性版AGA(男性型脱毛症)遺伝子検査キット

 

・アルコールに強い?弱い?▶︎『アルコール感受性遺伝子分析キット』

 

・潜在運動能力を知りたい!▶︎口腔粘膜でスポーツ遺伝子を調べる【DNA EXERCISE】