真狩のパン屋さんブーランジェリージン|Boulangerie JIN

Image 2016-03-02 at 18.39ニセコから札幌に帰る途中に寄りたかったところの2つ目が《ブーランジェリージン》という真狩にあるパン屋さんです

 

ここは農道の真ん中にポツンとあるパン屋さんなんですが、初めて来た時は何度も通り越してしまって、行かなくていいかなとくじけそうになりました 笑

 

でも、苦労して行って良かった!!だって本当に美味しいパン屋さんだったから♡

 

けれど、初めて行った時はほとんどパンが売り切れていて選ぶこともできず、フランスパンぐらいしか買うことができなかったんです

 

でも今回は、真狩の隣のニセコに宿泊したことで午前中に行くことができ、食べたいパンを選んで買うことができる!と期待を抱いて、車を走らせました

 
Image 2016-03-02 at 18.39 (1)お店に到着した時は12時ちょっと過ぎたくらいで、お客さんが一人お店から出てくるところでした

 

お店に入ると予想通りのたくさんのパンがお出迎え!

 

パンが好きなのにあまり詳しくないので、店員さんにいろいろ教えてもらいながら選びました

 

まずはお昼に食べるパンに、はちみつタルティーヌの柔らかいタイプのパンと、ハード系のタイプのパンを一つづづ購入

 
Image 2016-03-02 at 18.39 (2)主人が選んでくれたものの、見た目にバターがたっぷり塗ってあって、しかもはちみつも塗ってあると聞いてこれはクドいんじゃ…と思ったんですが

 

ちょうど良い!!逆にこれくらい塗らないと美味しくないかも

 

私はハード系のタイプのタルティーヌを食べたんですが、パン生地にクルミもたくさん入っていて食感も風味も増してとっても美味しかったです

 

Image 2016-03-02 at 18.39 (3)

 

もう一つお昼用に購入したのが、クロワッサンアーモンドという名前のパン

 

パリパリのクロワッサン生地に、粉砂糖とスライスしたアーモンドがたっぷりかかっていて、バターの風味も感じられます

 

中にチョコレートが入ったタイプもあったんですが、かなり甘いと言われたので入ってないものを買いましたが正解でした

 

入っていなくてもかなり甘かった!これは甘党の人にオススメです

 

最後の2種類は、お家用に食パンとパン・オ・ルヴァンという名のハード系のパンを購入しました

 

Image 2016-03-02 at 18.39 (4)ハード系は一つは絶対に買っていこうと思っていたのですが、このパン・オ・ルヴァン、店員さんの「今日しか出てないんですよ」の言葉に即決

 

なぜ今日しか出てないのかわからないんですが、調べてみるとパン・オ・ルヴァンというパンは、酵母であるルヴァン種を用いて作るそうで、醗酵管理がとても難しいパンなんだそうです

 

だから、あまり作れないパンなのかなーと個人的に思いました

 
Image 2016-03-02 at 18.39 (5)

お家に帰ってトーストして食べたのですが、まず見た目にビックリ!生地がツヤツヤ輝いている!

 

そして、モッチリ。外側はとても硬くて噛みごたえバッチリ!たくさん噛むことで口の周りの筋肉も鍛えられるし、美容成分がたっぷり入った唾液も出せるからハード系のパンって好き♡

 

でも、ハード系のパンって酸っぱいパンが苦手な私には食べられない物も多くて…ですがこのパンは、風味に酸味はあるものの味は酸っぱくなくて美味しい!最後に微かに酸味が口に残る程度なのがスパイスになって逆に良い

 

店員さんに今日しか出ていないと言われたのに、このパンとても気に入ってしまったー

 

ブーランジェリージン(Boulangerie JIN)

住所  北海道虻田郡 真狩村桜川45-8

電話 0136-45-2773

営業時間 9~18時 売切れ次第閉店

定休日  火曜・水曜

ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです(^ ^)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキングへ