冬はこめ油(玄米油)を摂取せよ!みんなの家庭の医学でも注目のガンマオリザノール、美容効果もあるビタミンEも一緒に取れるといいことづくめ|熱に強いから天ぷらにも使える!

 

28030332_220x177ここ何年か、がとても注目されていますよね!

 

ちまたで話題のえごま油や亜麻仁油は脳に効くと言われていますが

 

  その中でも、冬こそとって欲しい油としてこめ油(玄米油)が特集されていました

 

なんで冬??

 

そう思ったあなた!私も思いました 笑

 

なぜ冬かというと、冬に増える病気に効果大という理由からなんです

 

その病気とは心筋梗塞脳梗塞

 

  この二つの病気に共通することは、急激な温度変化で血管が詰まったり破裂する恐れがあるということ!

 

冬は暖かいところから寒いところへ移動することが多くなりますよね

 

この心筋梗塞や脳梗塞は特に朝に多いそうです

 

そう、この血管にこめ油(玄米油)は効果を発揮するのです!

 

しかも、えごま油や亜麻仁油と違って熱に強いので、炒め物や天ぷらにもOK

 

どのように発揮するかというと…

 

この2代要素が発揮します

 

 

まず一つ目の要素、ガンマオリザノール

 ガンマオリザノールはコレステロールを過剰に吸収させない働きがあります

 

 

そして二つ目の要素、スーパービタミンE

 スーパービタミンEは血流の流れを悪くしているコレステロールを掃除してくれます

 

 

 そして、普通のビタミンEの約50倍のサビつき防止効果もあるので、美容効果もあるんですって♡

 

メリットを挙げてみましたが、デメリットも!

 

値段はスーパーで売っているサラダ油より約2倍

 

  ですが、傷みが少なく天ぷらなら3〜4回繰り返し使えるので、そう考えると経済的なのかな?

 

そして、天ぷらに使うなら、白身魚のフリッターがオススメだそう

 

 なぜなら、白身魚には血管の新しい細胞を作る力があるんだそうです

 

  血管をキレイにするこめ油と、新しい細胞を作ってくれる白身魚で最強血管強化メニューですね!

 

  そしてプラスビタミンCの入っているレモン汁をかけると、スーパービタミンEの効果が約1.5倍なるので是非かけましょう

 

 

  こめ油の保存方法ですが、紫外線に弱いので、光の当たらないキッチン下などに保存して酸化して質が低下しないように気をつけましょう

 

 

  おすすめのこめ油(玄米油)のリンクを貼ったので興味のある方は覗いてみてくださいね(▼画像をクリックすると詳細がわかります▼)

 こちらの商品は、低温抽出法により玄米の味わいをそのまま油に閉じ込めています!

 

 

【低温抽出法とは】

溶剤温度を20℃という極めて低温で油分を抽出 する方法です

低温で抽出することで、熱による油脂の劣化や着色を防ぎます

 さらに、原料中に含まれる余分なガム質 やロウ分を、 極力少なく抽出することが可能になり、その後の精製で容易で高品質の油を得ることができます

 

 

しかも、軽くてサラッとしているから胃にもたれにくいです

 

しかも、安心の国産米

 

3本セットもありますよ(▼画像をクリックすると詳細がわかります▼)

ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです(^ ^)

にほんブログ村 美容ブログ 美容の豆知識へにほんブログ村

人気ブログランキングへ