十勝岳温泉の湯本凌雲閣

Image 2016-03-02 at 18.462015年の11月の末に、十勝岳温泉の湯本凌雲閣に行ってきました

 

ここの温泉、なんと北海道で最も高いところにある温泉なのです!それだけでも魅力的なのに、

 

 ここは2種類の源泉があるのですが、二つとももちろん加水無し、加温無し、循環無しの源泉掛け流し

 

 十勝岳連峰の雄大なパノラマを見ながら、源泉掛け流しの露天風呂を楽しめるなんて贅沢すぎますよね!

 

予約してからとっても待ち遠しかったです♡

 

紅葉の時期に間に合わなかったのは残念でしたが、宿に着くまで長ーい山奥の道を登っていると視界が雪景色に…

 

まだ地上では一ミリも雪がなかったからビックリ!!

 

しかも一気に極寒 笑

 

部屋の窓から見える富良野平野の絶景を味わうことなく一目散に温泉

 

caption (1)浴場のドアを開けると鉄の匂いがプンプン!錆びた赤茶の色のお湯は、肌当たりがやわらかく少しぬるめです

 

長時間入っていないと体が温まりません(⌒-⌒; )

 

温まらないけれど、絶景が見える露天風呂に早く行きたくて、寒いのをこらえて露天風呂の扉を開けました

 

「風が〜〜!体にしみる〜!!寒い!!」

 

外はもちろん、来た時と同じ雪景色

 

急いで湯船に飛び込んだものの、めっちゃぬるい!

 

というか冷たい!!(笑)これは浸かっていられない!ってぐらい冷たくて、

 

あわてて湯船から出るも、てんやわんやで大迫力の絶景が全然目に入らない 笑

 

 女湯の露天風呂は2つあるんですが、ドアを開けて右の湯船は真っ暗で、しかもお湯が張っていないので最初湯船だとわかりませんでした

 

すごく大きな岩の穴で、底が見えなくてとても怖かったです( ;´Д`)

 

 後で宿の方に聞いたら、冬は温泉の湧きでる量が減るから、一つの湯船にしかお湯が供給できないとのこと

 

「そしたら注意書きしておいてよーめっちゃ怖かったよー」

 

 そして、露天風呂のお湯が冷たいのは、冬になると源泉から湧きでる温泉が不安定になって、湯温が下がることが女湯は多くなるそうです

 

ということで、男湯は被害がないみたい

 

その証拠に、旦那さんは大満足していました(⌒-⌒; )

 

 お湯の量や温度は、紅葉の終わり頃から雪解けまで不安定になることが多いそうなので、雪解け後に再チャレンジしたいと思います!

 

 お湯は少なく湯温も冷たいという、最高にバットタインミングな日に私は当たったようです 笑

 

皆様はわたしのような目に合いませんよう確認してから行ってくださいね(^ ^)笑

 

 

   温泉データ

泉質:

透明な湯船 酸性・含鉄-アルミニウム・カルシ

     ウム-硫黄塩泉(殺菌力が強い) 
        

茶色い湯船 カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉

      (鉄分が豊富)

場所:北海道空知郡上富良野町十勝岳温泉

料金:日帰り:800円 子供は400円

入浴時間:8時-20時(最終受付19:30)

定休日: 不定休

電話番号 : 0167-39-4111

 

 安心してください、シャンプー、リンス、ボディソープ、ドライヤーは備え付けでありますよ!

宿・ホテル予約ならじゃらんnet

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです(^ ^)

 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキングへ