体重より体脂肪でしょ!アラサー主婦の筋トレブログ

体重が増えても体脂肪が減れば細く綺麗になれる!食べたいものを食べながら筋トレを実践するアラサー主婦のブログです。

未分類

朝食に果物で太りにくい体に☆

2016/03/05

 

 46289618_220x213痩せたからだを維持したくて、私は朝食に果物を摂取することにしています

 

 昔、今より7〜8キロ重くて、ダイエットをして今の体重になれたのですが、また太ったらどうしょうという思いがいつもありました

 

だから、太りにくい体になりたい!!

 

そんな夢のようなことを考えているときに、

 

朝の果物は金、昼は銀、夜は銅

 

というヨーロッパのことわざを耳にしました

 

どういうことー?

 

気になって調べてみると、

 

 午前中の私たちのからだは、排泄モードになっていて、悪いものを出そう出そうとするんだそうです

 

 果物には非常にたくさんの水分やミネラル、ビタミン、酵素を含んでいるので、大腸の環境を整える手助けをしてくれ、体内から毒素を効率的に排出する効果をしてくれるということでした

 

 そして、果物に含まれる果糖は、すぐにエネルギーに変えてくれるので太りにくいのです

 

ここに、朝の果物は金!という理由があるのです

 

だから手早くエネルギー補給できて、忙しい朝にぴったり

 

 果糖は蜂蜜にも含まれているので、私はヨーグルトに果物とはちみつを入れて食べています

 

甘いもの食べているのに太りにくいなんて嬉しいですよね♡

 

 そして美容のためにプラスして、有機すりごま、きなこ、体が冷えないように有機粉末しょうがを少し入れています(入れすぎると辛くなるので、ほんの少し!)

 

 私が食べている有機すりごまです。毎日食べる物だから、化学肥料不使用のものを選んでいます(▼画像をクリックすると詳細がわかります▼)


いろいろ試しましたが、これが一番量が多くて値段が安価でした

 

私は、白と黒をその日の気分に合わせて食べています

 

 きな粉も同じメーカーのみたけさんのもの(▼画像をクリックすると詳細がわかります▼)

粉末しょうがも、もちろん有機!(▼画像をクリックすると詳細がわかります▼)

高いけれど、送料無料になるので私はお徳用を購入しています

 これらと白湯500mlが私の朝食です(500mlが多すぎず少なすぎず、私は丁度よくお腹を満たせます)

 

これだけじゃお腹ペッコペッコだよ〜

 

という方もおられると思います

 

でもですね、白湯を一緒に摂るのがポイントなんです!

 

 温かい飲み物や食べ物は、満腹中枢を刺激してくれて、お腹いっぱいと早く感じさせてくれます

 

なので、これだけでも満腹感を得られるはずです

 

得られない場合は、白湯の量を増やしてみてください

 

 今流行りの冷たいスムージーを飲むよりも、満腹具合も美容にも、私は良いと思います(体は冷えるし、噛まないで流し込むから美容成分たっぷりの唾液もでないし)

 

 そして白湯を飲むことは、午前中の体が排出モードなので、たくさん水分をとることで、より多くの毒素をだしてくれます

 

 なので私は、午前中はトイレタイムというくらいトイレに行って毒素を排出しています!

 

こんなに良いことばかりの果物ですが、ことわざにあった

 

朝の果物は金、昼は銀、夜は銅

 

この夜の銅!の意味は

 

夜に果物はオススメしません!という意味なんです

 

 果物に入っている果糖の特徴は、すぐにエネルギーに変えてくれてくれると書きましたが、果糖は中性脂肪に変わりやすいとい特徴も合わせ持っています

 

 なので、エネルギーを必要としない夜に果物を食べてしまうと、使われなかったエネルギーが脂肪として蓄積されてしまうので、夜の果物は控えましょう

 

 毎朝この食事に変えてから、夜に食べ過ぎちゃたりお菓子を食べても太りにくくなりました

 

 そして、朝にローカロリーで美容に良い物を食べている!という思いがいつも頭にあるのでお昼や夜にたくさん食べても罪悪感がなくなり、食に対してのストレスがなくなりました♡

 

 果物をあまり食べない私だったけど、旬の果物を食べることで四季の変化も楽しめ、スーパーでは

 

 

甘い物が食べたい=お菓子売り場

⬇︎

甘い物が食べたい=果物売り場

 

 

に考え方が変化するようになったという嬉しい変化も!

 

お金もかからなくてお肌もキレイになるのでオススメです

ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです(^ ^) 

にほんブログ村 美容ブログ 美容の豆知識へにほんブログ村

人気ブログランキングへ

-未分類